1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/
プロフィール

まっち

名前:桃子(モモコ)
性別:女の子
犬種:ロングコートチワワ
毛色:チョコレート&タン
誕生日:2005年1月9日
性格:甘えん坊・寂しがりや・ワンコ恐怖症
特徴:垂れ耳・胴長


名前:未来(ミク)
性別:女の子
犬種:ロングコートチワワ
毛色:フォーン&セーブル
誕生日:2007年2月3日
性格:人懐っこい・元気モリモリ
特徴:尻尾の先が白い・ピョンピョン飛び跳ねる


☆まっちプロフィール☆
出身:愛知県
誕生日:11月10日
性格:明るく元気♪
趣味:お菓子&お料理作り
専門学校を卒業後、製菓衛生師という資格を取得し、3年間専門学校で先生を勤め、現在は主婦をしながらお菓子&お料理教室をしている☆



BACK
NEXT
RANDOM
VIEW
BIRTH★2005

エントリー&コメント
カテゴリー
タレミミクラブ

ブロとも申請フォーム
リンクリスト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆宝物☆
DATE: 2007/04/25(水)   CATEGORY: 病気
今日も朝一番でモモと病院へ行き、血液検査をしていただきました。
結果は血圧が少し上がり、31.3になりました
毎日のひじきやレバー、人参のトッピング、少しは効果が出たかな??
今与えているお薬はステロイドと狭心症や血管を広げるお薬の2種類です。
今は少し多めに服用しているので、このまま様子を見て、血圧が上がっていくようだと少しずつお薬を減らして行くことになります。
まだ正常値まで油断はできません。

相変わらず咳が続いているので、今日はバリウムを飲んで気管を調べていただきましたが、特に異常は見当たりませんでした。
やはり、心臓の雑音が大きく、今後、血圧が正常値になったら心臓の方も詳しく調べて行くことになります。

自己免疫系の病気は一時的に良くなっても完治しにくく、何度も繰り返すケースが多いので一生付き合って行くことになるかもしれないと先生に言われました。
モモがどんな状況でも、めいっぱいの愛情を注ぎ、一生私たちが守っていってあげたいです。

午前中、病院から帰ると、 こつぶといっしょのりえぴぃさんからこんな素敵なプレゼントが届きました
CIMG1392.jpg

モモを鏡に映したようにそっくりです
CIMG1393.jpg


年末に手術をした私の退院祝いと、1月9日のモモのお誕生日のお祝いにプレゼントとして描いてくださったのです
次お会いするときにプレゼントしてくださる予定でしたが、闘病生活の励みになるようにと送ってくださいました。
家に着いたときにちょうど配達の方がいらっしゃって、すぐに開封して、思わず涙があふれてしまい、しばらく止まりませんでした・・・
ちょうどパパもお昼に帰ってきたので、一緒にこの素敵な優しいタッチのパステル画を見つめて、二人で改めて誓いました
一生、モモを守ってあげよう!必ず治してあげよう!!
絶対諦めない!!応援してくださるみなさんのためにも、頑張っているモモのためにも、私たちがくじけるわけにはいかないのです。

今日はモモも少し調子が良く、私がお買い物から帰るとお出迎えしてくれました
こんな何気ないことがとっても嬉しく、ギューと抱きしめてあげます
さっそくモモにプレゼントを見せてあげました。
CIMG1397.jpg

「そっくりだね!どっちが本物か分かるかな??」
CIMG1399.jpg

りえぴぃさん、私たちのためにこんな素敵なプレゼントを本当に本当にありがとうございます
さっそく一番長く過ごす部屋で一番目につくところに飾らせていただきました。
私たちの一生の宝物になりました。モモと同じように大事に大事にしていきます。


今日は病院の帰りにこんなものを購入してきました
CIMG1394.jpg

そう!フードプロセッサーです
今モモに与えているフード
CIMG1396.jpg

100%オーガニックのヤラーは少し大きめのフードなので、獣医さんに細かくして流動食のようにして与えて下さい。と言われたのでさっそく、細かくする為に買いました

そして、先日からご飯にトッピングしているとり農園さんのレバーのミンチ
CIMG1379.jpg

CIMG1383.jpg

毎回何の抵抗もなく食べてくれるので安心しています

この調子で日に日に血圧が少しずつでもいいので上がってくれるといいです
CIMG1382.jpg

今日のモモです

いつも心配して遊びに来てくださるみなさんのところへなかなかお邪魔できなくて申し訳ありません。
またゆっくりとお邪魔させていただきます。


缶バッチ♪
DATE: 2007/04/22(日)   CATEGORY: 病気
昨日、HAPPY☆CHIHUAHUAのいずさんから応募して当選したモモとミクの缶バッチが届きました
CIMG1365.jpg

そしておまけに、ツーショットのバッチも作ってくださいました
CIMG1367.jpg

郵便物の中には、モモの貧血を気遣ってレバーとミクでも食べれるいちごヨーグルトのボーロが同封されていました
CIMG1363.jpg

さっそくモモにレバーをあげてみました



モモやミクを気遣ってくださる、いずさんの温かい気持ち本当に本当に嬉しいです。
ありがとうございました


そしてそして、ブログでお世話になっている皆様にも大変ご心配をおかけしています
毎回励ましのお言葉をありがとうございます。
そしていつもいつも温かく見守ってくださって本当にありがとうございます。
その後、モモは血圧を測りに毎日病院へ行っています。

お隣の県にある病院に行くのに約40分くらいかかります
先生は定期的に心配してくださって自宅に電話をしてくれます。
こんなに親切な病院なので、往復1時間以上かかっても全く苦ではありません
病院では、毎回レントゲンで肺などに水が溜まっていないか調べていただき、細い細い血管に針を入れ採血をしていただき、血圧や白血球、赤血球の検査をしていただき、聴診器で心臓の音を聞いていただき、最後にステロイドの注射を首にうっていただいています。

その後、検査結果は最初の結果とほとんど変わらず、血圧も半分以下のままです
先生に一番疑いのある病気は「免疫介在性溶血性貧血」と言われました。

調べてみると、「免疫介在性溶血性貧血」とは・・・
身体の中で背血球の寿命が本来より短く、何らかの原因で大量に破壊され、血液が失われる状態を言います。
このタイプの溶血は、体内の自分自身の赤血球が免疫学的に自己の物でないと認識され、脾臓や肝臓の細胞に捕らわれ破壊されるために起きます。失われる赤血球が、供給に追い付かないと貧血が現われ、体内の各器官は酸素欠乏状態となり、障害を受けます。貧血の症状の激しさは、溶血のスピードに影響されます。
溶血が短時間の内に起きると、貧血に対する代償機能が働かないので、生命を脅かすほど危険な状態に陥ります。

症状は・・・
1.口や舌の色が白くなる 
2.元気がなくなる。発熱することがある。    
3.疲れ易い。よく眠る。四肢の先が冷たくなる。  
4.動悸が早くなる。           
 →貧血の為、心音に雑音があるそうです。 
5.時には、尿が赤くなったり、黄疸により体が黄色くなることがあり ます。

治療法は・・・
一般的に症状の発現は急で、経過が早いので、はじめは入院治療が望ましいでしょう。治療の目的は、急性の貧血状態を管理すること、脾臓および肝臓での赤血球の破壊を減少させる事、および免疫学的な赤血球の認識を抑制する事に向 けられます。

 最初の72時間以内に治療(免疫抑制作用のある副腎皮質ホルモンを投与、治らない場合は抗ガン剤を投与)
に反応し、貧血が改善される傾向がある犬は、予後は良好です。

 反応の見られない例では、さらに強力な薬物を用います。症状が安定すれば、自宅での内服薬の投与によってコントロー ルされます。

 時に、貧血が生命に関るほど激しく危険な時は、輸血が考慮されますが、自分の血液でなく他の犬の血液を用いるので 更に溶血を惹起されることがあり、特殊な例以外は行いません。

 不幸にも、全くあらゆる治療に反応しないで急性に死亡する例も見られます。

とありました。通院して約1週間、歯ぐきや舌は相変わらず真っ白で毎日ぐったりして、よろよろ歩いているモモを見ると涙が出そうになります
でも、そんなときこそ、モモに明るく話しかけて、いっぱいナデナデしてあげて、くよくよせずに、今できることを精一杯しなければ!!と本やネットで貧血に効果的なものを調べてみたり、病気について調べています。

今日のモモは朝から食欲があり、朝ごはんも夜ご飯もしっかり食べてくれました
今日の晩御飯は貧血に良いと言われるひじきととり農園さんのささみふりかけをトッピングしてあげました



通院し出してからお薬を飲まなかった日は1日もありません。
それだけが何より救いです。
きっとモモも私たちに心配をかけないように頑張っているのでしょう
この気持ちを私たちもしっかり受け止めて病気と向き合って頑張っていこうと思っています。

そして、妹のミクは元気いっぱいですくすく育っています
今日は初めて豚耳チップを少しだけかじらせてみました。
(ゴックンしてしまうといけないので手に持ったままあげました)

CIMG1342.jpg

「おいちいでちゅ
CIMG1332.jpg

小さい身体で結構力があるんです!
CIMG1347.jpg

「自分で食べれまちゅ!!」

最近トイレシーツをビリビリにいたずらしてしまうようになったのでメッシュをシーツの上にセットしてみました

モモはGWには2回目のワクチン接種が終わるので、その後、お散歩デビューするときにはモモもお散歩に行けるくらい元気になってくれることを祈っています

これから皆さんのところへお邪魔します


モモのその後・・・
DATE: 2007/04/18(水)   CATEGORY: 病気
モモのことで皆さんには大変ご心配をおかけしています
たくさんのあたたかいお言葉、本当に本当に感謝しています
パパも私も、正直、先日の検査結果を聞いて驚きを隠せませんでしたモモは今まで膝蓋骨脱臼を両足手術して、避妊手術もしました。
何度も何度も痛い経験をしているので、これ以上辛い思いをさせたくない気持ちでいっぱいです。

新しく通院し出した病院の先生は、初めて病院を訪れた夜、心配で自宅に電話をしてくださいました
本当に本当に親切な先生&病院に出会えてよかったです

さてさて、モモのその後ですが、翌日も朝ごはんを完食して、お薬も飲んでくれました
そして、朝病院へ行き、再び血液検査をしてもらうと、血圧の数値が1.4上がって24.4になっていました

でも、まだ正常値の半分に達した程度なので油断はできません。
18以下になると入院して、輸血をすることになります。
この日も注射をうって、レントゲンで肺やその他の臓器から出血していないか確認していただき、特に異常は見当たりませんでした

ただ、モモの口の中を見てみると、血の気が薄く、歯ぐきも薄茶色、舌も白っぽいのが気になりますが、少しでも良くなっているのなら安心です
とりあえず、もうひとつお薬が追加になり、今週いっぱいはお薬で様子を見てみることになりました

家に帰ると、いつもの元気はありませんが、大好きなぞうさんで遊びだしました
ちょっと変わった姿勢です
CIMG1324.jpg

ベットから身体が完全に出ている。。。
CIMG1322.jpg

CIMG1323.jpg

後姿ムチムチです

そうそう、病院でモモの体重は標準か聞いてみたところ、2.2kgは理想的だそうです

やはり、心臓の鼓動は少し早く、音も大きいようなので、過激な運動は少し控えるように言われました

我が家の次女ミクもモモのこと心配そうに見つめています
CIMG1325.jpg

ミクは食欲旺盛で、モモと病院に行っている間もいい子にお留守番してくれています
1日に数回ゲージから出し、モモと一緒に放し飼いにしていますが、やはり、モモはミクが近くに来ると逃げてしまいます
CIMG1071.jpg

CIMG1046.jpg


CIMG1346.jpg

「お姉ちゃん、早く元気になって一緒にお散歩行きたいでちゅ」

モモのストレスになるといけないので、ミクとモモを少し離して様子を見てみると、
ミクもシュン。。。としてしまって退屈そうにしていたのでモモが遊んでくれなくなったおもちゃを出してみました

CIMG1194.jpg

「どれにしようかな♪」
CIMG1191.jpg

CIMG1041.jpg

「ウサギさんが気に入ったでちゅ」

途中で携帯に興味を示し、ペロペロ壊れちゃう~と思うくらいペロペロしていました
CIMG1190.jpg


今日もモモは1日ゆっくり休んでいました
咳は少し落ち着きましたが、やっぱり元気はありません。
夜ご飯に造血作用がある人参をトッピングして与えてみました
今日は半分くらいご飯を残してしまいましたが、日にち薬だと思って頑張ります
モモが元気になったらミクのワクチンも終わって、いっしょにお散歩に行けるといいです

今日はモモをひざにのせ、看病をしながらお洋服を作りました
今度ミクの採寸もして、おそろいのお洋服を作ってあげるつもりです
CIMG1350.jpg



気管支炎
DATE: 2007/04/16(月)   CATEGORY: 病気
今日、モモの狂犬病の予防接種&ワクチン接種のため、病院に行ってきました
今まで通っていた病院の獣医さんは手術の腕も良く、お話しやすい先生でしたが、今回ミクをお迎えしたときにアシェットさんのオーナーさんからある病院を紹介され、新しい病院へ行きました

CIMG1307.jpg

実はモモは昨日の朝からご飯の食べつきが悪く、ブドウ糖を与えて様子を見ていましたが、昨日の夜中、ずっとゼーゼーせき込んで苦しそうにして、一睡もしていなかったようで、今朝は一口もごはんを食べてくれませんでした

今日は朝からお天気が悪く、パパはお仕事がお休みになったため、一緒に病院へお出掛け
ミクはお留守番でモモと3人で朝一番に病院へ行くと、病院は大混雑
とても人気がある病院なんです
受付を済ませ、先生に呼ばれると、先生が自らスリッパを出してくださり、診察室へと案内されました。

診察室の横では一面ガラス張りになっていて、院長先生が帝王切開の手術をされていました
この病院は診察室の扉もなく、手術室も中でどのように手術しているかひと目で分かるように一面ガラス張りになっているのです。

初めて目にする光景だったのでちょっぴりびっくりしてしまいましたが、開放するということは、隠すことは何一つないということになります。

先生の手際の良い手捌きに見とれていると元気な赤ちゃんが産声を上げて生まれてきました
感動しました

先生も10人近くいらっしゃって、どの先生も床にひざまづき、丁寧にワンちゃんや猫ちゃんに声をかけてくれていました

モモは診察台に乗るとブルブル震えていましたが、先生に
「モモコちゃん始めまして!大丈夫だよ~」
と身体中を優しくなでられて安心しきっていました

熱を測ってもらうと39.5℃と少し微熱がありました
そして、先生に昨日からのモモの様子を伝えると、触診してくださり、少しリンパが腫れていると言われました
昨日からの咳とリンパの腫れから、気管支炎と診断されました
そして、ワクチンと狂犬病の予防接種は少し先送りになり、念のため、血液検査をしてもらうと、
なんと・・・
血圧が正常値36~40のところ、モモは23しかありませんでした
先生はちょっと驚いた様子で、
「この数値は少なすぎる!!18以下になったら場合によっては輸血が必要です」
と言われました・・・

モモは血便でもないし、吐血するわけでもないので考えられるのは身体の中で自分で白血球を作り出せない病気や心臓病の可能性もあるとのことで、再び精密検査をしていただきました。
聴診器を当ててもらっても、モモの鼓動は少し早く大きな音を立てているようです

今日のところは微熱もあるし、気管の調子も悪いので、解熱の注射をうっていただき、少しお薬をもらい、念のため、胸のレントゲンを撮っていただきました。
しばらく、毎日のように血圧を測りに行くことになりました

今日の診断結果に、とてもショックを受けましたが、モモがどんな病気でも毎日病院に通う必要があっても、モモが治るならどんなことでもしてあげたいと思うし、どこへでも行くつもりです!

我が家にお迎えした、大切な家族の命、大切に大切に守っていきたいです。
ブログを初めてからたくさんのお友達と出会い、いつも励まされてきました
ここで私が弱音を吐いたら頑張っているモモがかわいそうですもんね

”大丈夫!!きっと治る!!”そう信じてモモと一緒にがんばって行きます

もしかすると今後の状況によっては少しブログをお休みさせていただくかもしれませんが、どうかモモ&ミクのこと忘れないでやってください

CIMG1304.jpg

病院から帰り、安静にお休みして、夜になり、お薬を入れたご飯をあげてみるとモモは完食してくれました



今日は写真が少なくてすみません


モモ手術
DATE: 2006/12/11(月)   CATEGORY: 病気
昨日はパパと豊田スタジアムまでを観に行ってきました
モモのトリミングが終わってから急いで照り焼きチキンサンドとウインナーとスクランブルエッグのサンドイッチを作りました。
CIMG8415.jpg

CIMG8416.jpg

家から豊田スタジアムまでは高速を使って約40分
少し早めに出たので渋滞にも巻き込まれず無事に到着
CIMG8424.jpg

入り口はきれいなイルミネーション
久しぶりにパパとデートって感じで嬉しかったです
20061211195355.jpg

CIMG8428.jpg

オープニングセレモニーのドラゴンです
CIMG8434.jpg

CIMG8439.jpg

まっちはサッカーのルールはいまいち分かりませんが、パパより興奮してしまいました
後半で岩本選手も出て会場は盛り上がっていました
結果はアルアハリがオークランドシティFCに2-0で勝ちました
帰りは駐車場まで歩いていると目の前できれいな花火が上がり、良い思い出ができました。

さてさて本題です
今日はモモの膝蓋骨脱臼の手術の日です
CIMG8452.jpg

「まっち、おはよう!おなかすいたよ
朝から絶食していたせいか、病院へ行こうと準備をしていると黄色っぽい胃液!?のようなものを吐いていました
確か、避妊手術のときも朝、同じように吐いていたような。。。
CIMG8458.jpg

精神的なものなのかな??とりあえず病院へ向かおう
今日は午後から手術の予定だったので、午前中に病院へつれて行くことになっていたのでギリギリまで一緒にいようと思い、病院へ行く途中にある公園で少しお散歩をして行くことに
CIMG8489.jpg

イチョウの葉がきれいな黄色に紅葉していました
なんだか心が癒されます
CIMG8494.jpg

「まっち、黄色いじゅうたんきれいだね


CIMG8493.jpg

とことこ歩いてクンクンして、チッコしました
今日は元気でよかった
CIMG8490.jpg

CIMG8492.jpg

CIMG8496.jpg

「ぽかぽかだね
そして11時半頃病院へ着きました。
CIMG8482.jpg

「まっち、今日はお薬の日だっけ?」
車の中では何がなんだか分かっていない様子のモモも病院の待合室では察知したようでまっちにいっぱい甘えてきました
離れたくないな・・・と正直思いました。。。
先生にモモを預けた瞬間”キュンキュン”と鳴いて抱っこされながらまっちをずっと見ていました
切ない瞬間です。。。
手術時間はおよそ30分。
麻酔が切れるのは夜になるようで、今回の手術は骨を削ってきれいにはめ込み、専用の糸で固定する手術で、モモにとっては膝蓋骨脱臼の手術はこれで2回目になります。
前回は生後6ヶ月のときに右脚を、今回は左脚です。
もともと生まれつき骨格の形状に問題があり先天性で、放っておくと筋肉の付き方や歩き方に影響する為、今回グレード3ということもあって手術を決断しました
入院は短くて2日長くて4日だそうです。寂しい・・・
モモが頑張っている間にまっちも教室頑張って、モモのためにできることをしてあげたいと思います
最近フリースの生地を買ったのでカフェマットでも作ってみようと計画中です
CIMG8143.jpg


今、病院に電話でモモの様子を聞いてみたところ、手術は無事終わり、麻酔も切れて先生が様子を見に行くと振り返って先生の顔を見ているそうです。
寒くないかな?寂しくないかな?よく頑張ったモモを早くぎゅっと抱きしめてあげたいです
皆さんにはご心配をおかけしました。皆さんの応援のおかげで無事手術を終えることができました。本当にありがとうございました。
また経過をUPしていこうと思いますのであたたかく見守っていただけたら嬉しいです


DESIGN : ゴエママちゃん MATERIAL : Candied
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。